title

薄毛に関する情報は我々に任せてくれ! 無駄な抜け毛は一本たりともゆるさない、抜け毛が怖くてはこの任務は務まらない。薄毛対策特命担当室、略して「ウストク」

薄毛の改善に効果的なAGA治療薬とは?

薄毛の改善に効果的なAGA治療薬にはどんなものがある?

薄毛の改善に効果的なAGA治療薬

薄毛の原因はさまざまありますが、その中でも全体の1/4を占めているのがAGA(男性型脱毛症)です。

AGAは男性ホルモンである「テストステロン」が酵素である「5αリアクターゼ」と結びつき、「ジヒドロテストステロン(DHT)」となります。DHTが毛乳頭細胞にある「男性ホルモン受容体」と結合しヘアサイクルを乱す事で起こります。これにより、髪の毛が十分に成長しないまま抜け落ちるの繰り返しで、薄毛になる症状です。

この症状の改善には「AGA治療薬」と呼ばれる薬を使うのが効果的です。AGA治療薬は種類がとても、多くジェネリック薬も含めるとかなりの数になります。「薬は欲しいが、どれを選べばいいか分からない」とお悩みになる方もいるかも知れません。私も最初はそうでした。体に合うものや、合わないものもあるかも知れません。このページではそれぞれどんな薬なのか、かいつまんで特徴を抜粋しています。気になるものがあれば、さらに詳細にて説明していますのでご確認下さい。

薄毛は進行する症状です。「運」や「時間」では解決できません。見て見ぬふりは薄毛の進行を手伝っていることになります。

プロペシアはAGA治療の基本

プロペシアはAGA治療の基本

AGAに関わる酵素「5αリアクターゼ」。この酵素は抜け毛の原因となるDHTを作り出す作用があります。この酵素を阻害する働きをするのがプロペシアです。2005年には国内でも厚生労働省に認可された薬です。

プロペシアの成分「フィナステリド」は5αリアクターゼの働きを阻害し、抜け毛の原因となるDHTが増えるのを抑制します。

5αリアクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。プロペシアはこのⅡ型の方に効果を発揮します。Ⅱ型は前頭部と頭頂部の毛乳頭細胞に多く分泌しています。

M字型やO字型の薄毛の方に効果があります。

薄毛の進行が始まったばかりの段階でAGA治療に取り掛かる場合、ますはプロペシアを試してみましょう。

フィンペシア

フィンペシア

フィンペシアはプロペシアの成分と同じ「フィナステリド」を主成分とする薬です。成分量はプロペシアと同じ1mgです。インドのシプラ社が発売している、プロペシアのジェネリック薬です。※国内で処方はされていません。

フィンペシアはプロペシアと成分量も同じ為、同等の「脱毛の抑制」や「発毛」効果が期待できます。

さらにジェネリックである事から通常病院などで処方されるものより、安価に購入する事が出来るため非常にお得です。

フィンペシアの他にもジェネリックとして、フィナクス(スマート社)、フィナロ(インタスファーマ社)、フィンカー(シプラ社)、フィナックス(ドクターレディ)などが発売されています。

発毛効果のあるミノキシジル

発毛効果のあるミノキシジル

AGA治療薬として長年にわたり使い続けられているものとして、ミノキシジルの存在を忘れてはいけません。ミノキシジルとは成分の名称です。

効果はプロペシアやザガーロとは違い、血管を拡張させる効果から頭皮の毛細血管の血流を改善する事で、栄養や酸素を行きわたらせることにより、髪の毛の成長を期待できるものです。厚生労働省からも発毛・育毛効果が認められている成分です。

元々は血管拡張の効果から血圧を下げる薬として開発された経緯があります。現在の薄毛の治療薬の効果は、その副作用である多毛症が発見されたからによります。

さらにミノキシジルには髪の毛の成長因子(FGF-7)を分泌させる働きがあります。これにより髪の毛の元である毛乳頭細胞が細胞の分裂を活性化させます。しかしなぜそうなるのかはまだはっきりと解明はされていないようです。

ミノキシジルは「壮年性脱毛症」に効果が期待できます。壮年性脱毛症はAGAの一種で、加齢でホルモンバランスが崩れる事で、髪の毛が抜けやすくなるものです。

AGAの場合DHTの生成を抑える事が大事になります。その為、ミノキシジルだけを使うよりも、プロペシアやザガーロのような5αリアクターゼを阻害する薬と一緒に使うのがいいとされます。薬の働きが違うため、併用しても問題ありません。

リアップ、ロゲイン、カークランド

リアップ、ロゲイン、カークランド

ミノキシジルは液体状の外用薬(塗り薬)と錠剤の2タイプの薬があります。

日本ではミノシキジルが配合された外用薬として知名度が高いのが「リアップ」シリーズではないでしょうか。俳優の水谷豊さんを起用したTVCMでもお馴染みです。

日本国内で唯一厚生労働省から「発毛効果があるもの」と認められたのがリアップです。

ミノキシジル配合の外用薬の元祖と言えば「ロゲイン」です。リアップの元となった薬で、世界で初めてミノキシジルを配合した発毛・育毛剤です。1988年にアメリカで認可されて以来、今も世界85ヵ国で販売され利用されています。

ロゲインの実績を経て様々なジェネリックも誕生しています。

外資系大型スーパーで有名な「COSTCO(コストコ)」。その自社ブランドである「カークランド」は低価格で様々な商品を販売しています。食品や生活用品、医療用洗剤などに加えミノキシジルを配合したロゲインのジェネリック(通称“カークランド”)も製造しています。ジェネリックの為、ロゲインと同等の効果が期待でき、より低価格で販売されています。

一般的にあまり知られていないかも知れませんが、個人輸入を使ってAGA治療をしている方ならその名は聞いたことがあるのが「ツゲイン」です。こちらは世界でも有名ななインドのシプラ社(Cipla)が製造しています。その為同じジェネリックであるカークランドに比べても、さらに安価で購入する事ができます。

ミノタブ

ミノタブ

ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬(ロニテン)として誕生しました。このロニテンは経口薬として作られ、ミノキシジルを内服して効果を得る薬です。ミノキシジルには皮膚からでも成分を吸収できる特徴があるため、リアップやロゲインのように抜け毛の患部に塗布して使う事ができます。しかし服用タイプのミノキシジルは血液を通して全身に効果が行きわたります。その為、ミノキシジルの効果がより高いのは服用タイプになります。タブレットタイプなので、そのまま水と一緒に服用するだけで大丈夫です。手間もなく簡単でありながら、育毛効果もあるのでとても人気のあるAGA治療薬です。

ミノキシジルタブレットは、効果も非常に高いこともあり、副作用も強く出る事もあります。全身に成分が作用する事から「多毛症」になり、あらゆる部分の体毛が濃くなる可能性があります。

より高い発毛効果を得る場合は、服用タイプのものが良いと言えます。さらにプロペシアとの併用は発毛・育毛効果がバツグンです。

ザガーロはプロペシアより効果がある?

ザガーロはプロペシアより効果がある?

ザガーロはプロペシアを追う形で誕生した比較的新しいAGA治療薬です。その効果はプロペシアをも上回るとされています。2015年には国内でも厚生労働省から認可を受け、効果の高いAGA治療薬として大きな期待をされています。

ザガーロの主成分である「デュタステリド」はプロペシアの主成分「フィナステリド」同様5αリアクターゼを阻害する働きのある成分です。

フィナステリドがⅡ型の5αリアクターゼにのみ効果がありますが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型両方に効果があります。Ⅰ型の5αリアクターゼは主に側頭部や後頭部の皮脂腺に多く存在しています。その為、頭皮が脂性でそれが原因で薄毛になっている方に効果が期待できます。もちろんⅡ型にも効果があるので、プロペシアで効果があまり出ない方へ使用をおススメします。

ザガーロは効果が高いだけにおススメではありますが副作用も強く、長時間作用することから体への負担もプロペシアより上になります。

多くの薄毛の場合、Ⅱ型の5αリアクターゼの影響が強いので、治療が早ければプロペシアのみで薄毛治療の効果が実感できる場合もあります。

デュプロスト

デュプロスト

デュプロストはザガーロと同じ主成分の「デュタステリド」を配合した薬です。インドのシプラ社が製造しているザガーロのジェネリック薬です。

効果や副作用の発現はザガーロと同等のものと考えてよいと思います。ただし薬の効果は人により相性や効果のや副作用の発現率は様々なのが現状です。

他にもデュタストロンやデュタス、デュタボルブなどの安価で効果の高いジェネリックが何種類も発売されています。

キャピキシル

キャピキシル

比較的新しく誕生した成分のキャピキシル、その効果はミノキシジルの3倍とも言われています。しかしまだ日本ではそこまで浸透していない成分で、名前もあまり出てきません。

それは主成分が医薬品ではなく、天然由来成分から出来ているためです。

主成分は

・ビオカニンA

・アセチルテトラペプチド-3

ビオカニンAは天然成分のアカツメクサ花エキスに含まれている成分です。プロペシアと同じくDHTの生成をブロックする働き(5αリダクターゼの阻害)があります。

もう一つの成分アセチルテトラペプチド-3には髪の毛を作り出すタンパク質の量を増やす効果があります。どちらも髪にいい事ずくめな成分です。発毛効果というより頭皮の環境を整え、しっかりした髪の毛が生える土台を作る方が近いかも知れません。

医薬品ではない為、副作用の心配もありません。

メタコルチール(円形脱毛症)

メタコルチール(円形脱毛症)

薄毛とは違いますが、AGA(男性型脱毛症)以外にも髪の毛が抜ける症状もあります。それが円形脱毛症です。10円玉サイズぐらい部分的に毛がごっそり抜けてしまう症状で、頭部の髪の毛以外にも眉毛などどこでも出る可能性があります。円形脱毛症の原因はストレスやアトピー、体の免疫機能が誤作動したものがあります。

メタコルチールは円形脱毛症の治療に使われるフルメタのジェネリック薬です。成分のフランカルボン酸モメタゾンは抗炎症や免疫抑制の作用があり、円型脱毛症の他にも湿疹やアレルギー性皮膚炎やアトピーの治療、火傷、乾癬などに使用されます。

メタコルチール軟膏状の薬で、患部に直接塗って使用します。

円形脱毛症はAGAの治療薬では治療する事ができませんのでご注意ください。

医薬品ですので、もちろん副作用もあります。主な症状として、刺激感、皮膚の炎症、皮膚乾燥、感染症などがあります。

薄毛を諦めるのはまだ早い

薄毛を諦めるのはまだ早い

このように薄毛の治療薬には名前を耳にしたことのあるものから、初めて聞いたものまでさまざまな種類があります。

「治療が面倒なので、いっそのこと坊主にしよう」という選択肢ももちろんあります。周りの目を気にしなくていいし、お風呂の排水溝や寝起きの枕にある抜け毛にストレスを感じなくてもいい、なにより金銭的な負担がなくなります。

でも諦めるのはまだ早いと思います。ある程度の年齢(30代半ばぐらい)までは髪の毛があった方が自信にもなりますし、出会いもまた違ったものになるかもしれません。

それまでの間にAGA治療薬を使ってみるのも選択肢の1つではないでしょうか。やはり髪の毛があった方がいいという思いが捨てきれない人は、自分の中で期間を設けて薄毛の改善に取り組んでみてはどうでしょう。諦めるのはそれからでも遅くはないと思います。

ページトップに戻る